自分は大丈夫?加齢臭チェック|親父臭いと言われなくなるために

加齢臭はある日突然臭いはじめるものではなく、少しずつ年齢を経過するごとに臭うようになるものです。自分のにおいに慣れてしまっていては、自分で臭いを発生させていることに気づくことが難しい可能性もあります。このような場合は加齢臭にいち早く気づくためにも、加齢臭チェックを行うことが重要と言えるでしょう。
髪の毛の生え際や首の周囲、脇の下などの部位であれば、臭いを自分を嗅ぐことで気づく可能性もありますが、実際にはなかなか難しいものです。

加齢臭のチェック方法として適しているものが、加齢臭が出る部位に接している衣類などのにおいを嗅ぐ方法です。しかし脱いだ衣類のにおいをすぐに嗅いだとしても、わかりにくいことがほとんどです。加齢臭は体の脂質に細菌の感染が加わり、臭いを増強させることが分かっているので、脱いだ衣類などを2、3日ほど放置してから、においを嗅ぐことが重要です。しかし一度着た衣類をそのままにしておくことは不衛生なのであまりやりたくないという人がいるかもしれません。

そこでおすすめの方法として、まず第一にまくらカバーのにおいをかくことが挙げられます。数日間使ったまくらカバーのにおいを嗅ぐことで、自分の加齢臭の有無を確認できることでしょう。またタオルのにおいをチェックする方法もあげられます。これは数回入浴した後や、汗を拭くことに使ったタオルです。このにおいを嗅ぐ方法でも、加齢臭の有無は判断できるでしょう。一番確実な方法は、数日置いたタオルの臭いを嗅ぐのが一番です。

またそのほかの方法としては、加齢臭が発生しやすい頭皮やTゾーン、首の後ろや脇などにティッシュペーパーを強く押し当ててふき取って、そのにおいを嗅いで見るのも一つの方法です。ここでにおいを感じるのであれば、すでに加齢臭が発生していると考えられるでしょう。近年では加齢臭をチェックすることができる器具なども販売されるので、このようなものを使うことも一つの手段といえます。