加齢臭

加齢臭と体臭とワキガの違いは

人間の体臭は主に皮脂腺、エクリン腺、アポクリン腺から分泌される物質が原因です。

皮脂腺からは脂が分泌されており、その量の決め手となるのは元々の体質だけではなく、脂の多い食べ物を好んで食べるなど生活習慣も大きく影響します。

また、運動不足で新陳代謝が低下すると体内に脂が溜まりやすくなってしまいます。

この脂はやがて酸化して皮脂酸という物質に変化し体臭の原因のひとつとなるほか、さらに加齢によって皮脂酸がノネナールと呼ばれている物質に変化し、これが加齢臭の原因になります。

ノネナールは水に溶けにくく皮膚に定着しやすい性質を持っているため、なかなか落とすことができないのも加齢臭がきつい原因です。

エクリン腺からは緊張したり気温が上昇した時に汗が分泌されますが、ほとんどが水で作られているためすぐに拭き取るなどすれば対処できます。

しかし、僅かに含まれている皮脂に細菌やバクテリアが発生することで体臭の原因となります。

アポクリン腺からも汗が分泌されますが、こちらは皮脂腺から分泌される脂肪酸と結びつきやすくワキガ特有の臭いを発します。

アポクリン腺の数は生まれつき決まっており、数が多ければおのずと分泌量が多くなり強い臭いを発するのは避けられません。

食生活の見直しや生活の改善、汗や臭いを緩和するようなサプリメントの服用などを行えばある程度の緩和は期待できますが完全に臭いを無くすことは不可能で、アポクリン腺を切除するなど外科的手法を選択する方もいます。

以上の内容を総合して違いを考えてみると、皮脂腺から分泌された脂が酸化して皮脂酸となり、さらに加齢が原因でノネナールに変化した物質による臭いを発しているものが加齢臭、アポクリン腺から分泌された汗が脂肪酸と結びついて独特の臭いを発するものがワキガとなります。

また、それらの臭いのすべてを網羅した全般、あるいは皮脂腺、エクリン腺、アポクリン腺が関与していないその他の体から発せられる臭いの総称を体臭と呼びます。

加齢臭はどこから臭う?

年齢がいわゆる中年と呼ばれる世代になると、自然と加齢臭が出てしまうことが多いものです。個人差はあるものの年齢を重ねる度に臭いが強くなる傾向にあり、特に男性の場合は殆どの方が体験する内容です。女性でも加齢臭に該当する臭いを発することもあるので、男女問わずに年齢を意識しながら臭い対策を行うことは推奨できます。

では、加齢臭の臭いはどこから発生するのかと言えば、上半身を主にしています。上半身の中でも更に上の部分、後頭部の下側付近や耳の裏側、首元や背中、人によっては胴や胸などから臭いが出てしまうこともあります。一般的に知られている加齢臭の臭いの発生元では、やはり後頭部から首にかけての範囲です。耳の裏側も含まれているのですが、上半身の中でも身体の裏側から臭ってしまうことが多く、このことから初期段階では自らが気付かないという事例も決して珍しいことではありません。

気付くきっかけになることは、室内など狭い空間を歩行した際に、自ら発する加齢臭の臭いが残り香のように空中をさまようことがあり、この時点で気付くという方も大勢います。また、男性に得に多く見られる傾向として、直接に肌に接している着衣の襟元、就寝する際に利用する枕の臭いから自覚するということも決して珍しいことではありません。加齢臭の臭いは上半身が該当しているので、下半身の臭いは一切該当していないことも特徴です。

もしも下半身に嫌な臭いが出た際には、清潔を保つためにバスルームで洗うことで多くのケースで解決できます。加齢臭の場合は、何度洗っても翌日には臭いが出てしまうことが特徴になり、完全にストップさせることは極めて難しいものです。原因の中には加齢によって女性ホルモンが減少してしまうことを上げられますが、加齢臭の元は皮脂、油脂成分が影響をもたらしていることになるので、普通に水洗いをしても効果は感じません。従って、加齢臭用に販売されている石鹸などを利用して、お湯やぬるま湯でケアすることが基本です。

加齢臭は遺伝する?

小さなころは大好きだったお父さんが、歳をとるにつれてどんどん加齢臭が出てきて、最近では近寄りたくない、という女性はたくさんいます。そして加齢臭は遺伝するものなのか、と心配する方が多いようです。

結論としては、加齢臭について言われるようになったのはほんの最近のことであり、その遺伝性についてはまだはっきりとしたことは報告されていません。しかし、「わきが」や「すそが」については50パーセントの確率で遺伝する、といわれていることから、体臭や加齢臭についても遺伝するかもしれない、とは言われています。

遺伝子レベルでは別として、同じ家にすんで同じ料理を食べ、小さいころから親の行動をみている子供は、食事の嗜好や食習慣は似てくるものです。加齢臭の原因は食べ物の内容や運動不足も影響してきますので、親と同じようなものを食べ、同じような行動をしていれば同じように加齢臭が出てくると考えるのは自然でしょう。ちなみに運動不足が加齢臭の原因となるのは、食べたものが燃焼されずに内蔵脂肪や皮下脂肪として蓄えられ、血中に放出されてそれが汗や皮脂として分泌されて酸化するからです。

もし同じような加齢臭に悩まされたくない、と不安になるくらいであれば、日ごろから野菜をよく食べ、運動不足や睡眠不足に気を付けるようにしましょう。そして臭いをどうしても拒否したいのであれば、加齢臭ボディソープなどの商品を使うことも有効です。加齢臭ボディソープを使えば臭いの元をシャットアウトしてくれますので、洗剤や香水でごまかす必要がなくなり、汗を大量にかく夏場でも怖さはなくなるでしょう。

また、例えば思春期以降の娘が父親の臭いを嫌がるのは、成熟した親子が恋愛感情をもたないように遺伝子レベルで組み込まれた体臭の変化ではないか、と言われています。つまり父と娘が恋愛状態に陥らないように自然となる変化ですので、そういうものだと思えば気持ちも落ち着くかもしれません。