加齢臭

加齢臭は食生活から気をつけよう!

中高年になると気になりだすのが特有の匂いである、あの加齢臭です。中高年の独特の匂いを「加齢臭」と名付けたのは日本の化粧品メーカーであると言われていますが、スメルハラスメントなど周囲を不快にさせるものであることから、対策が必要とされています。加齢に伴って発せられる体臭である加齢臭は、日常的に口にするものと密接に関係があり、食生活が大きく影響していることが研究によりわかってきました。

加齢臭の元となるノネナールは、分泌された皮脂と結びつき、酸化することであの特有の嫌な臭いである加齢臭を発するようになります。ノネナールの原材料となっているのは脂肪酸であり、脂身の多い肉類やマヨネーズなどに多く含まれています。このノネナールがひしと結びついて参加するのを防ぐのに効果が高いのは、抗酸化作用の高い食べ物をできるだけ毎日の食生活の中で摂取することが大切なのです。

加齢臭アドバイスとして、まずはビタミンCやビタミンEを豊富に含む野菜や果物を積極的に食べることが重要です。仕事が忙しくて外食ばかりという方でも、口にするものを変えることで加齢臭を改善することができます。コンビニで昼食を購入することが多いのであれば、サラダやカットされたフルーツを意識して摂るようにすることで加齢臭の改善に繋がります。また、飲み会の席では美味しいからと行ってあげものばかりを口にするのではなく、意識的にサラダや野菜を食べるようにしたいものです。

日々の生活で少し気をつけるだけで、加齢臭の発生源となるような食品を口にすることを避けることが出来るのです。加齢臭の予防効果が高いと言われているのは、ビタミンを豊富に含む野菜やフルーツだけではありません。緑茶は加齢臭対策に効果があることが研究によりわかってきました。緑茶に含まれるポリフェノールは、強力な抗酸化物質であることから、その働きにより皮脂の酸化を抑えて臭いの元をブロックする効果を期待できるのです。

口臭と加齢臭とおさらばするためには

中年と言われる年齢を超えた辺りから気になり始めるのが加齢臭、皮脂や皮脂の酸化したことにより発する臭いで普通に身体を洗った程度では消えません。耳の後ろや首元だけでなく口からも嫌な臭いが・口臭だって臭い始めるのです。それを改善するには日々の生活の見直しが必要です。

若い頃のままに脂っこい食事を取り続けている方、皮脂が出やすくなるので食物繊維豊富で抗酸化作用の高いビタミンC・ベータカロテン・ポリフェノールがたっぷり入った野菜や果物・海藻・豆類を、意識してとるようにしましょう。男性だけでなく女性だって加齢臭が分泌されるものの、女性ホルモンに臭いを抑える働きがあるためそれほど目立つことはないのです。とはいえ、50歳前後で閉経を迎えて女性ホルモンが激減したら危険信号が点灯です。女性ホルモンと似た働きを持つ大豆をたっぷり摂取することです。

あの特有の臭いは汗と一緒に毛穴から分泌された中性脂肪やコレステロールが酸化したもの、直接お肌に触れる下着は思いきってどんどん新しい物に切り替えていき、常に清潔を心がけてください。抗菌や消臭効果のある下着も出回っていますが、長期間使う中でどうしても効果は落ちてしまうのです。汗をかいたら酸化する前にハンカチやウェットティッシュでこまめに拭き取るのもおすすめです。汗を拭くと体温が下がるので気持ちもリラックスし緊張感が取れるという効果もあります。強くこすると肌荒れしてしまうので、ガーゼ素材など吸水性に優れた物を押し当てる感覚で拭き取ることです。香水で誤魔化そうとしていると、ニオイが混ざり合ってより不快な香りになることになるのでやめた方が良さそうです。

ストレスは唾液の分泌量を減らすことになり口臭悪化に繋がるのです。ベロ回しやマッサージで唾液の分泌を促進し、予防する方法もあるので試してみて下さい。ニオイは歯周病が関係していることもあり、下水のような臭いがあるなら早めに歯医者に行くことも肝心です。

加齢臭ボディーソープが加齢臭に効果があるワケ

加齢と共に加齢臭というものが、中高年を悩ませます。男性に多いと思われがちですが、加齢臭というのは女性にもあります。中々表現しづらい臭いで、衣服に付いてしまうと洗濯しても落ちない場合があります。

原因物質とされるのがノネナールで、歳を重ねることで発生します。ノネナールは、脂肪酸が酸化して分解されることで発生するようです。男女問わず40歳を過ぎたころから増えてきて、夏により増える傾向にあります。これはどうしても夏に皮脂量が増えることが要因となっています。

加齢臭対策は色々ありますが、まず身体を清潔にすることです。疲れたからと言ってお風呂に入らないのはもっての外です。特に汗をかく季節は、余分な皮脂や汗を洗い流し、清潔に保つのは必須です。外出した際にも、汗拭きシートなどで汗をぬぐい去ることで、ある程度臭いは抑えられます。最近は色々なタイプの制汗剤が出ていますから、自分が使いやすいものを選びましょう。衣服にも臭いが付いてしまった時には、小まめに洗濯したりクリーニングに出しましょう。そして効果的な方法として、お風呂に入った際に加齢臭ボディソープを使うことです。

加齢臭ボディソープが効果がある理由としては、原因物質であるノネナールを除去するというところです。制汗剤ではノネナールを抑えることができないため、一時的な効果となります。

けれど加齢臭ボディソープには、ノネナールを抑えるだけでなく、もう一つの要因であるアンドロステノンも抑える効果があります。残念なのはこのような商品があまり市販されていないということで、ほとんどは通信販売となっています。勿論市販でも多くの加齢臭ボディソープがあって、使用している人は少なくありません。

より効果的なものを求める人は、しっかりリサーチして通信販売の商品を選択するのも良いでしょう。原因物質を抑える効果は立証されていますから、自分の身体にあった商品を選ぶようにしましょう。