加齢臭

加齢臭の原因 女性

40歳代以降の男性で加齢臭を気にされる方が多いですが、男性だけではなく女性にも加齢が発生します。加齢臭の原因としては年齢が関係しており、年齢を重ねることにより皮脂に存在する脂肪酸であるパルミトレイン酸が増加することになります。パルミトレイン酸等の皮脂が分泌され空気に触れると酸素によって酸化され、2-ノネナールを生成します。

2-ノネナールが加齢臭の原因となる臭いの成分となりますが、1999年に某研究所が、中高年特有の脂臭い臭いの原因物質が2-ノネナールであることを発表し、体臭を加齢臭と名付けました。また、パルミトレイン酸は若い人の皮脂にはほとんど存在しないため、中高年のみが生じる特有の臭いの原因と認識されています。パルミトオレイン酸に関しては、女性の場合女は30代後半から皮脂量が増加するため、加齢臭が強く感じられるようになります。

皮脂量の増加については、女性ホルモンによって皮脂量が抑えられていましたが、30代後半から女性ホルモンが減少するため増加すると考えられています。女性ホルモンは50歳前後で閉経すると更に減少し、男性ホルモンが活性化され、皮脂量が増えることでより加齢臭が発生しやすくなると考えて間違いありません。加齢臭は、皮脂の多い首筋や脇、耳の後ろや背中、顔や頭皮に発生しやすいといわれています。

臭いを防ぐためには、入浴する際皮脂の多い場所を洗う必要がありますが、皮脂を落とし過ぎないよう注意する必要があります。皮脂を落としすぎると身体が皮脂が足りないと判断し、皮脂が多く分泌されるようになり、より臭いが発生する可能性があります。優しく身体を洗うように心がけるとよいですが、臭いの原因となる2-ノネナールは、一般的な石鹸では臭いが落としきれないといわれています。臭い対策を行う場合は、2-ノネナールの発生原因である皮脂の酸化を防ぐ効果がある加齢臭対策用の石鹸を選ぶことをお勧めします。

加齢臭の原因 男性

最近なぜか人から距離を取られているように感じる、という方は、もしかしたら加齢臭かもしれません。加齢臭は昔から「父親の臭い」と言われてきたので男性特有のにおいと思っている方もいますが、実際には女性にも加齢臭はあります。

男女ともに加齢臭の原因は同じで、ノネナールという物質です。このノネナールは脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことによって生じる物質で、ある年齢になってくると酸化に対する抑制力が低下しだします。そうすると脂肪酸や過酸化脂質の分泌量が増えてしまうことから、ノネナールが増加してしまうのです。

ノネナールは汗腺のそばの皮脂腺から出る脂肪酸の酸化、そして表皮のバクテリアによって発酵してできる物質なのです。汗が肌についているバクテリアなどとひっついて、臭いにおいを発散する、ということです。水にとけにくく肌にこびりつきやすい性質を持っていますので、シャワーを浴びた程度では臭いは落ちません。加齢臭が特に男性特有のものだと思われがちなのは、たばこの臭いや二日酔いの臭い、汗やワキなどの体臭、口臭や頭臭などがからみあうからで、喫煙や飲酒が男性に多かったからでしょう。

加齢臭の対策としては、特に男性は耳の裏や襟足、首の後ろ・肩・背中をしっかりと洗うことです。皮脂をしっかりと洗い流すことで臭いの原因をたつことが出来ますので、ごしごしとこするのではなく丁寧に石鹸の泡で洗うようにしましょう。そして食生活では野菜を多くとるように心がけ、お肉やお酒は控えることが大切です。脂っこい食事は控えて発酵食品をとるようにしてください。

たばこを吸っている方はできれば禁煙し、お酒を飲みたい場合にはポリフェノールがとれる赤ワインがおすすめです。またホルモンバランスを意識して整えることで皮脂の分泌が抑えられ、結果として加齢臭の対策になっていくでしょう。運動不足や睡眠不足も大きく影響をしますので、生活を整えることが臭いを抑える大切な方法となります。

においの豆知識:ダイエットと加齢臭

人間は体調の変化や体の構造の変化により様々なにおいを発することが少なくありません。太っている人は独特のにおいがすると言われることも多く、またある程度の年齢を超えると加齢臭と呼ばれるにおいがすることが知られています。最近ではこれに加えてダイエット臭と言うものも話題になっており、特ににおいの気になる人にとっては大きな問題であると感じてしまうことも少なくありません。

これらを解消するためにはその原因を理解することが非常に重要です。太っている人の場合には汗や脂肪が原因で生まれることが多いため、これを除くためには基本的には痩せることが必要です。痩せることで余分な脂肪が過度に燃焼するのを防ぐほか、汗をかきにくくなるためこれに伴い独特のにおいを抑えることができるのです。

加齢臭とダイエット臭は意外に密接な関係があります。実はどちらも新陳代謝の能力が低下してしまうために脂肪が不完全燃焼することになり、結果としてにおいとなっているのです。加齢臭の場合には年齢とともに体の機能が低下し、十分に食物を分解することができなくなったり、栄養素を吸収することができなくなってしまうため、体内で効果的にエネルギーに変換することができなくなってしまうことから独特のにおいを生み出すことになります。そのため、高齢者であっても体を鍛えて新陳代謝を促進している人はあまりその影響を受けないことがわかっているのです。

またダイエット臭は食事制限などを行いエネルギーの消費を低下させるダイエットを行っている際に生まれやすくなっており、外からエネルギーが入ってこないことで体内でエネルギーを温存しようとする働きが起こり、新陳代謝を低下させることになるため発生するものとなっています。過度なダイエットは体の新陳代謝を抑制し、エネルギーの消費を必要以上に抑えることになるため、逆に痩せない結果となるのです。そのためにおいがするダイエットは決して良い方法ではありません。