加齢臭の原因 女性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40歳代以降の男性で加齢臭を気にされる方が多いですが、男性だけではなく女性にも加齢が発生します。加齢臭の原因としては年齢が関係しており、年齢を重ねることにより皮脂に存在する脂肪酸であるパルミトレイン酸が増加することになります。パルミトレイン酸等の皮脂が分泌され空気に触れると酸素によって酸化され、2-ノネナールを生成します。

2-ノネナールが加齢臭の原因となる臭いの成分となりますが、1999年に某研究所が、中高年特有の脂臭い臭いの原因物質が2-ノネナールであることを発表し、体臭を加齢臭と名付けました。また、パルミトレイン酸は若い人の皮脂にはほとんど存在しないため、中高年のみが生じる特有の臭いの原因と認識されています。パルミトオレイン酸に関しては、女性の場合女は30代後半から皮脂量が増加するため、加齢臭が強く感じられるようになります。

皮脂量の増加については、女性ホルモンによって皮脂量が抑えられていましたが、30代後半から女性ホルモンが減少するため増加すると考えられています。女性ホルモンは50歳前後で閉経すると更に減少し、男性ホルモンが活性化され、皮脂量が増えることでより加齢臭が発生しやすくなると考えて間違いありません。加齢臭は、皮脂の多い首筋や脇、耳の後ろや背中、顔や頭皮に発生しやすいといわれています。

臭いを防ぐためには、入浴する際皮脂の多い場所を洗う必要がありますが、皮脂を落とし過ぎないよう注意する必要があります。皮脂を落としすぎると身体が皮脂が足りないと判断し、皮脂が多く分泌されるようになり、より臭いが発生する可能性があります。優しく身体を洗うように心がけるとよいですが、臭いの原因となる2-ノネナールは、一般的な石鹸では臭いが落としきれないといわれています。臭い対策を行う場合は、2-ノネナールの発生原因である皮脂の酸化を防ぐ効果がある加齢臭対策用の石鹸を選ぶことをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。