加齢臭ボディーソープが加齢臭に効果があるワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

加齢と共に加齢臭というものが、中高年を悩ませます。男性に多いと思われがちですが、加齢臭というのは女性にもあります。中々表現しづらい臭いで、衣服に付いてしまうと洗濯しても落ちない場合があります。

原因物質とされるのがノネナールで、歳を重ねることで発生します。ノネナールは、脂肪酸が酸化して分解されることで発生するようです。男女問わず40歳を過ぎたころから増えてきて、夏により増える傾向にあります。これはどうしても夏に皮脂量が増えることが要因となっています。

加齢臭対策は色々ありますが、まず身体を清潔にすることです。疲れたからと言ってお風呂に入らないのはもっての外です。特に汗をかく季節は、余分な皮脂や汗を洗い流し、清潔に保つのは必須です。外出した際にも、汗拭きシートなどで汗をぬぐい去ることで、ある程度臭いは抑えられます。最近は色々なタイプの制汗剤が出ていますから、自分が使いやすいものを選びましょう。衣服にも臭いが付いてしまった時には、小まめに洗濯したりクリーニングに出しましょう。そして効果的な方法として、お風呂に入った際に加齢臭ボディソープを使うことです。

加齢臭ボディソープが効果がある理由としては、原因物質であるノネナールを除去するというところです。制汗剤ではノネナールを抑えることができないため、一時的な効果となります。

けれど加齢臭ボディソープには、ノネナールを抑えるだけでなく、もう一つの要因であるアンドロステノンも抑える効果があります。残念なのはこのような商品があまり市販されていないということで、ほとんどは通信販売となっています。勿論市販でも多くの加齢臭ボディソープがあって、使用している人は少なくありません。

より効果的なものを求める人は、しっかりリサーチして通信販売の商品を選択するのも良いでしょう。原因物質を抑える効果は立証されていますから、自分の身体にあった商品を選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。