加齢臭は食生活から気をつけよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中高年になると気になりだすのが特有の匂いである、あの加齢臭です。中高年の独特の匂いを「加齢臭」と名付けたのは日本の化粧品メーカーであると言われていますが、スメルハラスメントなど周囲を不快にさせるものであることから、対策が必要とされています。加齢に伴って発せられる体臭である加齢臭は、日常的に口にするものと密接に関係があり、食生活が大きく影響していることが研究によりわかってきました。

加齢臭の元となるノネナールは、分泌された皮脂と結びつき、酸化することであの特有の嫌な臭いである加齢臭を発するようになります。ノネナールの原材料となっているのは脂肪酸であり、脂身の多い肉類やマヨネーズなどに多く含まれています。このノネナールがひしと結びついて参加するのを防ぐのに効果が高いのは、抗酸化作用の高い食べ物をできるだけ毎日の食生活の中で摂取することが大切なのです。

加齢臭アドバイスとして、まずはビタミンCやビタミンEを豊富に含む野菜や果物を積極的に食べることが重要です。仕事が忙しくて外食ばかりという方でも、口にするものを変えることで加齢臭を改善することができます。コンビニで昼食を購入することが多いのであれば、サラダやカットされたフルーツを意識して摂るようにすることで加齢臭の改善に繋がります。また、飲み会の席では美味しいからと行ってあげものばかりを口にするのではなく、意識的にサラダや野菜を食べるようにしたいものです。

日々の生活で少し気をつけるだけで、加齢臭の発生源となるような食品を口にすることを避けることが出来るのです。加齢臭の予防効果が高いと言われているのは、ビタミンを豊富に含む野菜やフルーツだけではありません。緑茶は加齢臭対策に効果があることが研究によりわかってきました。緑茶に含まれるポリフェノールは、強力な抗酸化物質であることから、その働きにより皮脂の酸化を抑えて臭いの元をブロックする効果を期待できるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。