加齢臭は遺伝する?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小さなころは大好きだったお父さんが、歳をとるにつれてどんどん加齢臭が出てきて、最近では近寄りたくない、という女性はたくさんいます。そして加齢臭は遺伝するものなのか、と心配する方が多いようです。

結論としては、加齢臭について言われるようになったのはほんの最近のことであり、その遺伝性についてはまだはっきりとしたことは報告されていません。しかし、「わきが」や「すそが」については50パーセントの確率で遺伝する、といわれていることから、体臭や加齢臭についても遺伝するかもしれない、とは言われています。

遺伝子レベルでは別として、同じ家にすんで同じ料理を食べ、小さいころから親の行動をみている子供は、食事の嗜好や食習慣は似てくるものです。加齢臭の原因は食べ物の内容や運動不足も影響してきますので、親と同じようなものを食べ、同じような行動をしていれば同じように加齢臭が出てくると考えるのは自然でしょう。ちなみに運動不足が加齢臭の原因となるのは、食べたものが燃焼されずに内蔵脂肪や皮下脂肪として蓄えられ、血中に放出されてそれが汗や皮脂として分泌されて酸化するからです。

もし同じような加齢臭に悩まされたくない、と不安になるくらいであれば、日ごろから野菜をよく食べ、運動不足や睡眠不足に気を付けるようにしましょう。そして臭いをどうしても拒否したいのであれば、加齢臭ボディソープなどの商品を使うことも有効です。加齢臭ボディソープを使えば臭いの元をシャットアウトしてくれますので、洗剤や香水でごまかす必要がなくなり、汗を大量にかく夏場でも怖さはなくなるでしょう。

また、例えば思春期以降の娘が父親の臭いを嫌がるのは、成熟した親子が恋愛感情をもたないように遺伝子レベルで組み込まれた体臭の変化ではないか、と言われています。つまり父と娘が恋愛状態に陥らないように自然となる変化ですので、そういうものだと思えば気持ちも落ち着くかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。