加齢臭と体臭とワキガの違いは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人間の体臭は主に皮脂腺、エクリン腺、アポクリン腺から分泌される物質が原因です。

皮脂腺からは脂が分泌されており、その量の決め手となるのは元々の体質だけではなく、脂の多い食べ物を好んで食べるなど生活習慣も大きく影響します。

また、運動不足で新陳代謝が低下すると体内に脂が溜まりやすくなってしまいます。

この脂はやがて酸化して皮脂酸という物質に変化し体臭の原因のひとつとなるほか、さらに加齢によって皮脂酸がノネナールと呼ばれている物質に変化し、これが加齢臭の原因になります。

ノネナールは水に溶けにくく皮膚に定着しやすい性質を持っているため、なかなか落とすことができないのも加齢臭がきつい原因です。

エクリン腺からは緊張したり気温が上昇した時に汗が分泌されますが、ほとんどが水で作られているためすぐに拭き取るなどすれば対処できます。

しかし、僅かに含まれている皮脂に細菌やバクテリアが発生することで体臭の原因となります。

アポクリン腺からも汗が分泌されますが、こちらは皮脂腺から分泌される脂肪酸と結びつきやすくワキガ特有の臭いを発します。

アポクリン腺の数は生まれつき決まっており、数が多ければおのずと分泌量が多くなり強い臭いを発するのは避けられません。

食生活の見直しや生活の改善、汗や臭いを緩和するようなサプリメントの服用などを行えばある程度の緩和は期待できますが完全に臭いを無くすことは不可能で、アポクリン腺を切除するなど外科的手法を選択する方もいます。

以上の内容を総合して違いを考えてみると、皮脂腺から分泌された脂が酸化して皮脂酸となり、さらに加齢が原因でノネナールに変化した物質による臭いを発しているものが加齢臭、アポクリン腺から分泌された汗が脂肪酸と結びついて独特の臭いを発するものがワキガとなります。

また、それらの臭いのすべてを網羅した全般、あるいは皮脂腺、エクリン腺、アポクリン腺が関与していないその他の体から発せられる臭いの総称を体臭と呼びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。