頭の加齢臭の原因と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40歳を過ぎたくらいから、男女ともにノネナールというニオイを発する物質の分泌が増加傾向になってきます。ノネナールが分泌されると、油臭かったり、青臭いような独特なニオイを発するようになるので注意が必要です。

いわゆる加齢臭と呼ばれる匂いですが、それらは主に上半身から出やすいので、こまめにケアをすることが重要になります。加齢臭は様々なところから発しますが、その1つが頭です。頭には髪の毛が生えていますが、つまりそれだけ毛穴が多いということを意味しています。

年齢を重ねるごとに新陳代謝は鈍ってくるだけでなく、皮脂や汗が過剰に出やすくなるので、そうなると毛穴の中に皮脂などの汚れが詰まりやすくなります。代謝が活発な時には、毛穴の中に汚れが詰まっても自動的に外に排出する自浄作用が働いていましたが、加齢をするごとに代謝が鈍くなるので毛穴の中に詰まった皮脂や汗が長時間とどまってしまいます。そうなったら、毛穴の中に雑菌が入り込んで繁殖し、酸化が進むようになります。

汗が酸化をして、そこにノネナールという物質が混ざり合うことで、強烈な加齢臭を発するようになってしまいます。ただ頭の加齢臭は、しっかりケアをすれば改善することが可能です。対策方法としては、スカルプケアを行うことが重要で、毛穴の中につまった雑菌を取り除くようにします。頭皮マッサージをしたり、髪の毛の間に汚れがとどまらないようにシャンプーをするときは念入りにマッサージをしながら洗い流していきます。

また帽子をかぶったり、ウィッグを使用することが多いと、汗がその中で蒸れてしまうことになるのでさらに匂いが強烈になってしまうことがあります。頭皮を洗うだけでなく、帽子やウィッグにも雑菌が付着していると、次に使用した時にまた髪の毛についてしまうことがあるので洗濯をしたりアルコールを使用して除菌をするようにします。ノネナールや汗、皮脂や洗い流せば匂いの発生を抑えられるので、常に清潔さを心がけることが有効な対策です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。