加齢臭とストレスの関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年齢を重ねるにつれて加齢臭がきつくなってきたと感じている方は多いのではないでしょうか。臭いの問題はとてもデリケートであるため、なかなか相手に指摘することが出来ません。誰からも指摘をされないので、自分の臭いに気がつかずに過ごしてしまっている可能性もあります。

ですので、ある程度の年齢になったら早めに加齢臭対策を行い臭いに対する意識を高く持つことが大切です。体臭ケアはエチケットとして必要不可欠なものですので、怠らないようにしましょう。加齢臭は、ノネナールという皮脂に含まれる物質と汗の臭いが混ざり合うことで生じるものです。ノネナールは40代頃から分泌され始めます。加齢臭と密接な関係にあるのがストレスです。

ストレスを感じると、精神性発汗が起こります。汗には温熱性発汗と味覚性発汗と精神性発汗があります。温熱性発汗は体温調節のために起こるもので、味覚性発汗は辛い物を食べたときなどに起こるものです。精神性発汗はストレスや不安や緊張や恐怖や興奮などの精神的な作用によって起こるもので、ベタベタしていて臭いを伴う汗が分泌されます。ワキガの原因にもなる、アポクリン腺という汗腺から分泌される汗です。この精神性発汗とノネナールが混ざり合うことで、加齢臭はきつくなります。

加齢臭対策において大事なことは、汗対策です。精神性発汗を抑えるための対策を行えば、加齢臭も自ずと抑えられます。対策として具体的に行うべきことは、ストレスにアプローチするための体の内側からのケア、アポクリン腺から分泌される汗を抑えるための物理的なケアというダブルのケアです。精神性発汗を抑えるためには、自律神経の乱れを整えて精神を常に穏やかな状態に導く必要があります。

睡眠をしっかりととって疲労を回復させる、リラックス効果が得られる癒しを日常生活に積極的に取り入れる、スポーツや趣味で心身ともにリフレッシュさせるなどを心がけましょう。物理的な対策として有効なのは、塩化アルミニウム配合の制汗剤を用いて汗を抑制することです。消臭効果が高いボディソープを使ったり消臭サプリを飲んだりするのも効果的ですし、体を常に清潔な状態に保つことも大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。